「お腹周りの脂肪が気になっている」「お腹の脂肪がズボンやスカートの上に乗っかる感じになっている」「ついつい食べすぎてしまうことが多い」「便秘を解消したい」といった悩みをお持ちの方におすすめしたいのが、防風通聖散です。
防風通聖散は肥満症に効果が期待できる医薬品です。
防風通聖散は、18種類の生薬の効能により代謝や利尿、便通などを良くし、結果的に腹部の皮下脂肪を減らす効果が期待できる漢方薬にです。
防風通聖散はメーカーの独自の製剤技術を駆使し、でんぷんなどの添加物の量を最小限に抑えることで、1包に有効成分を凝縮しています。
肥満の原因の一つとも言われる代謝にダイレクトにアプローチするため、摂取した栄養分の消費が活発になります。
効果には個人差はありますが、早い人では飲み始めてから1週間程度で便通などの改善を実感出来る人もいます。
一日3回、食前に1包を水やぬるま湯などで服用してください。
ただし、15才未満の方は服用できません。
肥満を解消すれば、生活習慣病なるリスクも軽減しますのでぜひ試してほしいと思います。

kouka10001

防風通聖散は高血圧の人に使われる?

高血圧に効果を発揮すると言われている防風通聖散は、ボウフウ、オウゴン、ダイオウ、ボウショウ、マオウ、トウキ、カンゾウ、ハッカなど18種類の生薬からなる漢方薬です。
健康保険を使うことのできる漢方薬の一つです。
防風通聖散は主に高血圧やそれに伴って現れる動悸、のぼせ、肩こりなどの症状に対して使用されます。
他にも肥満症、慢性的な便秘、胸やけ、赤ら顔、肝臓および腎臓の疾患などの治療薬にもなっています。
脂肪太り、いわゆる太鼓腹の体質で、便秘がちな、体格もよく体力もある人に向いた漢方薬です。
一方で、胃腸が弱い人、身体のエネルギーの気や血が不足している人には向いていません。
防風通聖散を使用する上での注意事項は、胃腸が著しく弱い人には使用することはできません。
また、狭心症や心筋梗塞といった循環器の疾患の治療を受けている人、もしくは受けていた人はあらかじめ医師と相談する必要があります。
本来は高血圧の薬なのですが、配合成分であるカンゾウよって、副作用として血圧が上がったり、むくみなどの異常が起きる場合があります。
これは偽アルドステロン症と呼ばれる症状で、服用をただちに中止して、すぐに医師に報告しなければなりません。

kouka10002

防風通聖散は糖尿病の治療にも効果があるの?

肥満解消の薬として名高い漢方に防風通聖散がありますが、この薬は糖尿病の治療にも使われています。
膵臓から分泌されるインスリンには、食事から得た糖分を活動に必要なエネルギーに変えたり、食後に起こる急激な血糖上昇を抑える働きがあります。
糖尿病とは、このインスリンの不足によって、体内に処理できない糖分があふれ、慢性的な高血糖になっている状態を指します。
糖尿病には大きく分けて2つのタイプがあり、環境や遺伝が原因とされる1型と、食事や運動などの生活習慣が原因となる2型があります。
比較的軽度な2型であれば、食事療法と適度な運動で改善されますが、1型になると、インスリン注射という薬物療法に切り替えなければいけないので、注意が必要です。
日本の糖尿病患者数のおよそ9割は、比較的軽度な2型なので、多くの患者はその生活習慣を改善すれば、健康の回復も出来ることが分かっています。
防風通聖散が有効なのは、この2型の方で、飲み過ぎ食べ過ぎ、運動不足などの生活習慣の乱れから来る肥満症に効果を現します。
併発する高血圧や動脈硬化、高脂血症、心筋梗塞、痔や痛風に悩む方にも有効です。
防風通聖散は、空腹時に飲むことで、その効果を最大限に発揮します。
生活改善に向く、出来る限りの努力とこの防風通聖散で、健康回復に努めましょう。

kouka10003

防風通聖散は痩せる目的で飲んでいいの?

防風通聖散を服用する人の多くは、ダイエット効果を期待し、痩せることを目的としておりますので、何ら問題はないと言うことができます。
そもそも防風通聖散は、内臓脂肪が多く下腹部が膨らんだ状態となる、いわゆる「中年太り」「ビール腹」などと呼ばれる状態に最も効果があるとされる漢方薬です。
また、それらの症状に悩んでいる中高年層の男性に特に人気の薬品です。
最近は美容的な観点からダイエットのために服用する女性の方も増えてきており、痩せる効果を前面に押し出した女性向けの製品も開発され、ドラッグストアで市販されています。
親しみのあるネーミングが与えられ、防風通聖散であることを意識せずに服用を続けている方もいることでしょう。
そのくらい身近な漢方薬と言うことができます。
もっとも、効果的に痩せるためには防風通聖散を服用すると共に、毎日の生活を少し見直してみるのも良いでしょう。
効果を最大限に引き出すには、適度な食事量の制限や有酸素運動などを取り入れることが有効です。
効率的に内臓脂肪を燃焼させ、体脂肪率の減少やウエストの引き締まりなど、より痩せることを実感できることとなります。
一定期間継続して服用することや、生活習慣リズムを整えることも、効果的に痩せるコツでです。

kouka10004

ガスが出るのはなぜ?

防風通聖散を服用すると、ガスが良く出るという声をしばしば聞きます。
防風通聖散の構成成分は、滑石や黄?、甘草、桔梗、石膏、白朮、大黄、荊芥(けいがい)、山梔子(さんしし)、芍薬(しゃくやく)、川?(せんきゅう)、当帰、薄荷(はっか)、防風、麻黄、連翹、芒硝(ぼうしょう)、生姜です。
この中には、胃腸の動きを活発にする成分や下剤に相当する成分が含まれています。
黄?(おうごん)は胆汁の分泌を促したり、緩下作用(下剤と同様の作用)があります。
また胃のあたりのつかえを改善するのに良い、と言われています。
大黄は便秘の治療によく使われますので、お腹に溜まっていたガスも排泄されます。
山梔子は、胃液の分泌を促す作用があります。
そのため、胃腸の動きが良くなり、たまっていたガスも排泄されるでしょう。
芍薬にも胃腸の運動を活発にさせる働きがあり、お腹が張って苦しい時などによく使われています。
芒硝にも、緩下作用があります。
生姜はおなじみのショウガですが、漢方では「ショウキョウ」と読みます。
体を温めることで有名ですが、腸管内の輸送を促し腸内に留まっているものをスムーズに送り出して排泄する働きも、あります。
このように防風通聖散を服用すると、溜まっていたガスもよく出ます。

kouka10005

防風通聖散については、他のウェブサイトも参考になる

防風通聖散についての情報をもっと仕入れたいなら、他のウェブサイトを見てみても良いと思います。
例えば、こちらのサイトでは、防風通聖散や生漢煎が良い効果を与える、食べ過ぎについての情報などをものすごくしっかりと紹介しています。
食欲旺盛なことは健康でいいことですが、それが原因で胃痛の薬のお世話になるほど食べ過ぎることはよくありません。
こういったタイプの方は食事の際もよく噛まずに食べてしまいがちで、そういったことも胃痛になって薬を飲まなければならない原因になります。
しかし食べ過ぎは体にもよくありません。
胃痛の他に下痢などの症状を引き起こすこともあります。
このような場合にも、防風通聖散や生漢煎が良い効果を与えるんです。
胃痛の薬が必要になるほど食べ過ぎてしまう原因
こういったウェブサイトを見ることで、より知識を深めることができるでしょう。